保険料

学資保険の準備金額について

生まれた子ども、またはこれから生まれてくる子どもがどのように成長して、どのような大人になっていくのか、そしてどのような将来を歩んでゆくのか、親の願いはあれど、最初は想像ができない事でしょう。
しかし、子どもがまだ小さいうちからできることはたくさんあります。
実際、子育てに必要なことは早いうちに準備をしておいた方が、たくさんの余裕を生み出します。

子どものためにできることの一つが、「学資保険」です。
学資保険とは、子どもが生まれてから、大人になるまでに毎月(支払う回数は支払い方によっても異なります)決まった保険料を支払うことによって、大きな金額が必要になった時に保険金を受け取ることが学資保険ならできます。
では、どのくらい受け取れれば、子どものために良い準備ができるのでしょうか。

状況は親や子供の状況によっても異なりますし、もちろん例外が起こることだってあり得ます。
支払い能力も違いますので、あまり人と比較するのは意味がありません。

重要なのは、どんな目標を立てるかということではないでしょうか。
はっきりした目標があるなら、その道標に従って歩いていくことができます。
もらえる金額を無理に高くしようとせずに、家族の経済状況や自分の年齢なども考慮に入れたものを選ぶことができるでしょう。


このページの先頭へ