保険料

学資保険の年間でかかる保険料

生命保険や車の保険などを選ぶときに、補償内容や加入条件などと同時に真っ先に考えてしまうのが、「保険料」の事でしょう。
保証は手厚く、だけれど毎月の保険料はお手頃で…というのが本望です。
そんなに都合の良い保険はあまり無い…と考えるかもしれませんが、そういう場合はFP(ファイナンシャルプランナー)等に相談すると、自分や家族にぴったりの保険が見つかるかもしれません。

話は変わりますが、保険と一口にいってもたくさん種類がありますので、結局自分はどの保険に入ったら良いのか…と感がるかもしれません。
種類があるということは、こちらにも選択権があるということで、あまり難しく考える必要はありません。
必要な保険に、必要なだけ加入するのです。

一つに、「学資保険」という特殊な保険があります。
学資保険が子ども保険とも呼ばれていたこれは、種類や補償内容、加入者の状況等によっても異なりますが、月々10000円前後の保険料を支払い続けることによって、子どもが将来大きくなってまとまったお金が必要になった時に満期金としてお金がもらえる保険です。
いつ受け取るか、また受け取る金額はどのくらいか…によって毎月の支払いが異なりますので、補償内容や条件などをじっくり見比べて学資保険を決める必要があります。


このページの先頭へ