保険料

学資保険の資料請求に関して

保険に加入する際には、誰もが必ず資料請求を行います。
資料を深く読み込み、数社の保険を見比べ、どれが自分や家族にとって適切なのかを把握するためです。
勧誘の話だけを聞いて、良い条件が整っているように見えるから、半分乗せられてではありますが保険に加入してしまうのは、危険です。
自分で納得できなければ、それがトラブルを招く可能性が高いからです。

子どもの教育費のための学資保険に関しても数社が取り扱っていますので、ブランドだけで決めるのではなく、取り扱っている数社の資料をまとめて請求して、比較考慮することが大切です。
数社の学資保険に関する資料を一括で請求できるサービスがありますので、そちらも活用しましょう。

保険を比較して考える際に重要なのは、まず「支払った保険料に対してどれだけのお金が満期にもらえるのか」という点です。
いわゆるこれが「返戻率」になります。
あくまでたとえですが、ある保険会社の学資保険は、返戻率が95%だとして、満期までに支払う金額が「500万円」だとすると、単純計算で満期に受け取れる金額は475万円になり、25万円ほど払った金額よりも受け取る額が少なくなる「元本割れ」が発生する可能性がありますので、この点は特に注意です。


このページの先頭へ