保険料

学資保険に必ずある特約

学資保険は子供の将来に備える上で有用な方法ですが、ほとんどの場合、個人にあった「特約」を付与することができます。
どのような特約があるでしょうか。
その一部を取り上げてみます。

まずは、「医療保障」です。
子どもが病気になり、入院または手術が必要になった際に、補償が受けられる特約です。
保険の種類によって条件があり、病名が指定されているものもあります。
医療保障は、他の医療保険に加入してももらえますので、返戻率の事を考えるなら学資保険の特約として付帯する必要性には疑問が生じます。

次は学資保険の「災害」または「障害」時の特約です。
災害や不慮の事故などによって、入院や手術が必要になった際に、補償が受けられる特約です。
これも適用になる条件が指定されていることがあります。
これも満期に受け取る保険金に影響するかもしれません。

「保険料免除」という特約もあります。
これは、親(契約者)に万が一のことがあった場合―たとえば病気で長期の治療が必要になった場合や障害を負った場合、または死亡した場合などにおいて、それ以降の保険料が免除され、満期の保険金も受け取れるという特約です。
予測できない事態に向けて安心できる特約ですが、やはり貯蓄優先できないため、加入には慎重であるべきです。

このページの先頭へ